宮崎老人ホーム・介護施設紹介センター(鹿児島ヤクルト販売)

宮崎老人ホーム・介護施設紹介センター

0120-896-100

ーお気軽にお問合せくださいー

【受付時間】8:30~17:30

ブログ

老老介護をする際に頼りになるサービス
ブログ 2019年4月25日

宮崎老人ホーム・介護施設紹介センターです。

前回、高齢化社会で加速する老老介護・認認介護をご紹介しましたが、老老介護を行う際に頼りになるサービスをご紹介したいと思います。

 

◆デイケア・デイサービス

在宅介護をしていく上で、まず利用を考えたいのが、施設に入居する必要がなく施設に通ってサービスを受ける「デイケア」や「デイサービス」。日中は通所先で様子を見てもらうことができるため、介護者が休息したり、ご自身の事に時間を作れるようになります。

「デイケア」は通所リハビリテーションと呼ばれるサービスで、食事や入浴などの生活援助を受けることもできますが、あくまでリハビリをおこなうために通所するものになります。

一方で「デイサービス」は通所介護と呼ばれており、食事や入浴、機能訓練などの介護サービスがメインです。また自宅から施設まで送り迎えをしてくれる施設もあるので、高齢者にも利用しやすいサービスです。

これらのサービスは、介護保険が利用できるため自己負担額が抑えられます。料金は、要介護度や利用時間、利用するサービスなどによって異なります。

 

◆ショートステイ

要介護の高齢者が数日~1週間くらいの短期で施設に入所できるサービスのことです。連続利用日数は最長30日までとなっており、31日目からは利用料は全額自己負担となります。

*ショートステイを利用できる人

要介護1~5の認定を受けた人と、40歳~64歳で特定疾病により要介護と判断された人がショートステイを利用することができます。ショートステイでは、食事や入浴、洗濯、排泄の手伝いといった日常生活の介護をはじめ、リハビリテーションやレクレーションなどのサービスも受けられます。

ショートステイを利用するには、在宅で介護をしている人がどうしても家を空けなければならないとき、介護を休みたいときに便利なサービスです。

 

◆訪問介護・看護

ホームヘルパーやケースワーカーが自宅に直接訪問してくれるのが、訪問介護・看護です。このサービスを使えば、介護を受ける方が自宅にいながら、介護者の負担を減らすことができます。訪問介護で受けられるサービスは、食事や排泄、入浴などの身体介助、食事の準備や掃除などの生活援助、通院時のサポート(介護タクシー)など。訪問看護では、介護と同じ身体介助のほか、病状のチェックなどの医療サービスを受けることができます。

老老介護をおこなうなかで介護者が体を壊してしまったり、寝たきりになってしまったりする場合も考えられます。そうならない為にも「毎週〇曜日」という形で定期的に訪問介護・看護を頼んでいれば、共倒れも防ぐことができるでしょう。

 

◆老人ホームなどの介護施設

どうしも自宅で介護を続けることが難しくなったら、老人ホームなどの施設に入居することも選択肢のひとつです。これまで紹介してきたサービスより費用はかかりますが、介護の負担を大きく減らすことができます。夫婦で入居できる施設もあります。介護の事で悩んでいる方、ご相談したい方は、宮崎老人ホーム・介護施設紹介センターまでお問い合わせ下さい。

 

宮崎市の老人ホーム・高齢者向け住宅をお探しの方は遠慮なくお問い合わせ下さい。

宮崎老人ホーム・介護施設紹介センター

フリーダイヤル:0120-896-100

 

一覧へ